親権を獲る為にはマイナスな行動は慎んで

親権を獲る為にはマイナスな行動は慎んで

子供のとっては父親と母親の2人がいてこそ家族であり、どちらかが亡くなっている場合は別にして、生きていると、これは一生気になります。なので、離婚の際には子供のことを
真っ先に考えるという人が多いですね。

 

離婚を思いとどまるのは、子供のことが原因という事が多いようですが、しかし、子供が大きくなった際には、両親にとって離婚が一番いいとわかるのならば、それを了承する場合もあり、さらに、どちらかが悪い場合は、離婚に味方してくれるということもあります。そういう時には、子供が親権を持つ事も、提案してくれるかもしれません。

 

特に、子供の意向や経済力がある方が親権を取りやすく、互いが親権を欲しがって調停が難しくなっても、それが反映されます。離婚原因を作ったほうが離婚には不利になるので、マイナスな行動は慎むというのが、親権が欲しい人が気をつけなければいけないことで、結婚生活が破状したからと言って、子供の親権までも取られないようにしないといけません。

 

特に女性は、配偶者よりも子供の方が大事と言う事で、親権を取る為に必死になることが多く、結婚生活の中ではマイナスな要因が多くならないように気をつけたいものです。