子供と親権

子供と親権

離婚の際に一番の懸念材料になるのが子供のことになるでしょう。子供にとってはお父さんとお母さんが揃ってこそ家族であり、どちらかがなくなっている場合は仕方がないにしても、もし生きていてどこかに住んでいれば、それは一生気になる存在であるのは確かなことでしょう。

 

 

 

離婚を思いとどまる点で、一番の原因は子供のことです。でも子供が小さいならまだわかりますが、ある程度大きくなって、大人の事情も多少はわかって、そしてもし両親にとって一番良い方法が離婚だと気付いたとき、子供も離婚については了承すると思いますし、一方が極端に悪いときは、子供が味方について離婚に賛成してくれるでしょう。そして離婚の際も、自分が親権をもつことが一番大事なこととして条件に呈示するでしょう。

 

 

 

でもお互いが子供を欲しがった場合はなかなか調停も難しいですが、比較的経済力があるほう、または子供の意向は反映されることにもなります。また離婚原因をつくったほうは離婚において不利になることが多いですから、くれぐれも親権が欲しい人は軽卒な行動をとってはいけないし、結婚生活が破綻した上に子供の親権も取られてしまうということにならないように慎重にそれらのマイナス行動を慎む事が一層大事になってくるのです。

 

 

 

いままでの結婚生活のなかで、マイナス要因が多いと大変なことになります。とくに結婚後、配偶者より子供のほうが大事になってくる女性は、親権をとるために必死になります。