離婚事情あれこれ

紙切れ一枚の世界

結婚や離婚って、ほんとうに紙切れ一枚の世界なのに、これだけ色々な問題が起こりえるというのは不思議になりますね。結婚より離婚のほうがよりエネルギーが必要というのはよく言われます。

 

 

 

いままでの生活スタイルを変えるのは結婚したときも、離婚のときも同じですが、離婚の場合は、やはりどうしても後味の悪さが残ります。でも最近は離婚というのをより前向きにとらえ、新しい門出を祝うために結婚式だけではなく、離婚式をする夫婦もいたりして、離婚のイメージも時代とともにどんどん移り変わっているのがわかります。いままで、そうそう紙切れ一枚で割り切れない思いが、式をすることでふっきることができるのなら、それもいいでしょう。

 

 

 

結婚のときはこれから2人の暮らしを始めるということでお互いの物やお金を持ち寄りますが、離婚の場合、そのもちよったものを今度はわけていく必要があるのでよりやっかいなのです。もし子供もいたら、その子供が今度はどちらと一生に住む事になるのかを考えたら、なかなか問題解決までには時間がかかってしまいます。長い時間結婚生活を送っていれば、親の介護問題とか、同僚との付き合いなどもあって、なかなか絶ち難い人間関係ができているのも確かです。

 

 

 

結婚より離婚のほうがずっと大変であるというのは、そうしたことがあるからであり、一緒に過ごした時間が長ければ長い程、その負担は大きくなるということなのです。紙切れ一枚に色々な事情がかかわってくるのが離婚届です。

 

子供服 ブランド

離婚届

離婚届は、名前を記入して、印鑑さえ押せばすぐに効力を発揮します。市区町村で用紙をもらって、そしてその紙を作成することで離婚は成立しますが、それまでのプロセスが大変です。

 

 

 

離婚のあれこれが面倒でお金、時間がかかるので、離婚を思いとどまりたくなるというのもあながち間違っていません。当然、子供がいれば子供がお金があれば、財産をどのようにわけるかが焦点になりますが、それでも夫婦の意見があわなければ、長く争うことにもなります。そうした時間を過ごすと、ずっとすっきりしないまま、人生のある時期を過ごすことになり、なかなか精神的にも厳しいものがあります。家庭内で問題をかかえているだけではなくて、もし仕事でも難しい立場にいたり、不景気でリストラ要因になっていたりすればそのこと自体がストレスなのに、家庭でも問題があったら安らぐ場所がありません。

 

 

 

離婚になった原因が明らかに自分にあれば仕方がないですが、お互いの性格の不一致などで別れるときはかなり腑に落ちない思いをするでしょう。なるべく離婚のときの話し合いは早く切り上げて、あらたなスタートをきることができればいいのですが。また男性のほうが過去のことにこだわりやすく、女性のほうがより新たな環境への適応が早いと言います。

 

 

 

色々な感情のわだかまりはあるでしょうが、ここは感情と書類上の手続きは別物としてより効率的に離婚の段取りをすすめていきましょう。お互いに早く新しい人生を始めた方がいいのです。

 

東京 結婚相談所

リンク