慰謝料の金額はどのくらいが妥当か

慰謝料の金額はどのくらいが妥当か

離婚の場合は慰謝料の話し合いに加えて、養育費というものが、大きなネックになりますが、この2つの話がすぐにまとまれば、離婚の話はわりと早くにまとまります。しかし、離婚と言うとすぐ慰謝料という言葉が浮かんでくる人がいて、かなり影響力の強い言葉です。

 

海外だと、とんでもない額を提示して、世間を驚かせる人もいますが、しかし、離婚調停が長引くことを考えて、少ない金額で同意してしまうという人もいて、この慰謝料の金額がネックになるようです。

 

海外の場合は、物の考え方も違い、さらには裁判の保障では、何億と請求することも当然なので、とりあえず最大限の金額を提示することが、向こうのやり方のようです。日本の場合は相当に強い精神力を持っていない事には、かなり世間の風当たりが強くて、初めから金目当ての結婚だと思われてしまいます。

 

財産を沢山持っている人からは、どのくらいの慰謝料を引きだすことができるのかが、ワイドショーでも引きあいに出され、金額をめぐって泥沼化することがありますが、しかし、これが、多くの人の興味を引いて、下手なドラマよりも面白く映るものがあるようです。どのくらいの額が正当なのかはわからないのですが、しかし、多額の慰謝料を得て、その後の人生を間違った方向にいってしまうセレブの人も多くいます。